Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)

つれづれ書いていきたいと思います。(^^ゞ

shiokaze_k. Get yours at bighugelabs.com/flickr

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. TB(-)|
  4. CM(-)

05WRC、「読後感想」。

11月10-13日のラリー・オーストリアを最後に幕を閉じた2005年のWRC。セバスチャン・ローブとシトロエンのコンビで記録的な勝利を重ねたシーズンでした。応援するのは「スバル(昔は“日本勢”だったですけどね)、でもフォードも好きよ」なあたしの個人的な観点から、振り返ってみたいと思います。。

例年ならまずはWRCを順を追って振り返るところですが、最大のニュースはやっぱりPCWRCの新井選手ですよね!

AUTOSPORT WEB

PWRC第8戦、新井がPWRCチャンピオンに輝く

 11月10~13日に、オーストラリア・西オーストラリア州パースを中心とした地域でPWRC第8戦ラリー・オーストラリアが開催され、インプレッサ WRXをドライブする新井敏弘が優勝を飾った。これにより新井はPWRCワールドチャンピオンに輝き、FIAが認定する世界選手権で史上初の日本人ワールドチャンピオンとなった。

ラリー、レース問わず、4輪のモータースポーツでは日本人初の快挙ですからね。もちろんPCWRCというカテゴリーの創設に助けられた面もあるのですが、市販車ベースのカテゴリーにおいては、国内の法規制(たとえば「国際規格」のグループNと日本国内ラリーのマシンは、改造範囲など実はまったく別物だった期間が長かったのです)の問題、地理的な問題、そして何よりハンドル位置の問題(競技車両のほとんどは左ハンドル)があって、日本人は全く通用しなかったのです。

今後は新井選手が開いた扉を突き抜けていく「若い力」の発掘が課題です。20代前半で世界に打って出るドライバー、コドライバーの養成に日本の自動車界が全力で取り組んでいってもらいたいところです。
さて。

実は今シーズン、あたしはスバル&ペター・ソルベルグの勝利を信じていました。ペターが苦手のスウェディッシュで勝ち、ニューマシンで続くメキシコを圧倒的に勝ったところで、明るい展望が見えていました。スバルの首脳だって「05年マシンで10勝してみせる」な~んてことを言ってましたから。そして、「名車シトロエン・クサラWRCもさすがに“金属疲労”をおこすだろう」と。プジョー206WRCの最後がそうであったように、長期間使われ続けたクサラも「旧態化」するのではないか。事実、メキシコまでの3戦は今までにない不調でしたし。しかし、その考えは見事に外れました。ま、「スバルが勝つ!」という予想はスバルファンの心理としては当然なので。。(^^ゞ

一方で、「当たってしまったいやな予感」もありました。それはタイヤについてのこと。ただし「あんなすごいもの」をミシュランが出してくるとは「想定外」でしたが、、、今季のWRCはタイヤが大きく展開を左右することが多かったと思います。今季はタイヤユーザーの構成も大きく変わって、ピレリ=スバル、プジョー、三菱、ミシュラン=シトロエン、フォード、シュコダと従来までの「スバルが唯一のピレリユーザーとして孤軍奮闘」という図式は崩れました。シーズン前はこれがカギになると思っていたのですが、悪い方に出てしまったのは言うまでもありません。タイヤの事前登録制度など、レギュレーションを研究して開発し尽くされたミシュランの「BTO」が、タイヤをスイッチしたプジョー、三菱の狙いをご破算にしただけでなく、ミシュランのトップコンテンダーであるシトロエンの16戦中11勝というとんでもない記録を導きました。長年WRCを見てきましたが、こんなにも一方的に「勢力図」を塗り替えてしまうほどのタイヤは見たことがありませんでした。

あたしが「ああ、今シーズンはもう決まったな」と痛感したのは第6戦のサルディニアでした。その前戦のNZでもシトロエンのローブが他を寄せ付けずに勝利していて、こんな予想をして、こんな結果が出てしまいました。その後はもう、怒濤の勢いのシトロエン連勝街道です。

振り返ってみると、あまりに一方的な展開が続いたような印象しか残っていません。ミシュランのニュータイヤの存在も大きかったですが、シトロエンのポテンシャルが最後まで落ちなかったこと、スバル、プジョーの05年マシンは結果的に「駄作」だったこと、フォードがニューマシンを投入する06年への「つなぎの年」だったこと。ピレリのタクティクスのまずさもそうでしょう。すべての流れがシトロエンとローブに味方した1年でした。

 # 各チーム&ドライバーなど、また折を見て「思うこと」を別エントリにて書く予定ですが、予定は未定、、m(__)m

関連記事

-->
  1. 2005/11/26(土) 14:32:30|
  2. モータースポーツ|
  3. TB:0|
  4. CM:0
<<自作2号機、完成。(^o^) | ホーム | 眠い。(_ _)Zzz>>

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiokazek.blog2.fc2.com/tb.php/939-a3f06397

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

About Me

潮風(Shiokaze)

Special

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)



ソニーストア

Calender


フィードメーター - Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)  

My HPs

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from shiokaze_k. Make your own badge here.

Kagoshima is...

Click for Kagoshima, Japan Forecast
Click for Kagoshima, Japan Forecast

Recent Entries

Categories

Archives

BlogPeople

Livedoor BlogRoll

Pentax People on Twitter

TB People

Links

◎このブログをリンクに追加する

Search


Banners

Photoblogs.org
View My Profile

あわせて読みたい

I heart FeedBurner

無料blog

正当なCSSです!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。