Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)

つれづれ書いていきたいと思います。(^^ゞ

shiokaze_k. Get yours at bighugelabs.com/flickr

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. TB(-)|
  4. CM(-)

WRC・NZ終了。。

最終日となった3レグは上位にほとんど波風も立たず、優勝はシトロエンのローブ。2レグで後続を1分近く引き離したのが効きましたね。

AUTOSPORT WEB 2005/04/10

ラリー・ニュージーランド ロウブが今季2勝目

 シトロエンのナンバーワンドライバー、セバスチャン・ロウブが、ラリー・ニュージーランドを制し、タイトル防衛に向け大きく動き出した。

上位の順位はこちら

2位はグロンホルム(プジョー)が入り、スバルのペター・ソルベルグは3位でした。2位と3位の差は20秒ほどですが、ペターがどうやらリスクを避け、ポイント獲得を第一目標にステディに走ったようです。


今季からのレギュレーション改定によって、1、2レグは途中で止まっても翌日から再出走できるようになりましたが、3レグでストップしたらリタイアになり、すべてがフイになっちゃいます。3日間の総合成績で競われるラリーですが、最終日に「追い込み」をかけられない、かけにくいのであれば実質2日間の競技と同じ。今季から施行されている「再出走を認める“スーパーラリーシステム”」と「2イベント1エンジン制」は悪いことばかりではないと思うのですが、3レグがつまらないものとなってしまっているのならば、それはレギュレーション改定の“弊害”といってもいいのかもしれません。


それにしても、今回速すぎたローブ。特に2レグでの圧倒的な速さがスバラシイ。しかしペターはここNZを不得手にしているわけではなく、しかも前戦・メキシコのグラベルでニューマシンの性能の高さを見せつけ、圧倒的な勝利を収めています。1レグのレポートで「タイヤ選択のミス」というところに言及しているものがありましたが、、、

RallyX Net 2005/04/09

 レグ1同様。パパロア周辺の高速ステージを舞台に戦われたレグ2。この日は、前日以上のタイヤ選択が上位陣の明暗を分けた。

リピートステージで路面が荒れていることが予想されたこのセクション後半2SSに向け、ミシュランのローブは手持ちでもっとも固いコンパウンド。ピレリのグロンホルムもこのリピート用のXRパターンを装着。しかしKMを登録したために、ソルベルグにはXRを持っていなかった。予想通り、ソルベルグが履いたKPタイヤはSS13の後半でグリップを失い、グロンホルムにかわされ3番手に後退。さらに続くSS14でも大きくタイムロスしてしまった。

ペターはイベント直前に使用タイヤを変更、ルーズグラベル用にナロータイヤ「KM」を持ち込む決定をしたが、代わりにハードコンパウンドのタイヤを落とした。これが「タイヤ選択のミス」なのでしょう。

しかし、ピレリのハードタイヤを使ったプジョーのグロンホルムでさえ、ローブにはまったくかないませんでした。今回は「ピレリ勢がミシュランに負けた」と言った方がいいのかもしれません。PCWRCでも、ミシュランを履くポンズが一気にタイムを伸ばしていますから、、、

で、3位以下ですが。4位にデュバル(シトロエン)が入って、ようやく今季初ポイント&初完走。あたしもホッとしてます。。5位はマーティン(プジョー)、6位ガルデマイスター(フォード)。ガルデマイスターはまた最終ステージで逆転されて順位を落としてますね、、ちょっと印象悪いです。マーティンも昨年のような速さはまだ見せられないままですが、堅実に走って確実にポイント取ってます。2、3戦以内にグロンホルムかマーティンが勝利を挙げられれば、メイクスタイトルはプジョーで決まりでしょうね。

そして7位にスバルの新鋭・アトキンソン! 大健闘といえるでしょう。サラザンも早くグラベルに順応していかないと、影が薄くなっちゃいそう。。。8位はガリ(三菱)でした。三菱は苦しいですねぇ。。

このほか、気になったニュースを少々。

RallyX News 2005/04/10

■投票で改訂承認

 ワールドラリーコミッションの裁定へと持ち越されていたWRCの新ルールが、ラリー・ニュージーランドのシェイクダウンが始まる直前、ファックスでの投票の結果、最終的に承認された。

 最大の注目点は、エンジン変更。ワークスクルーは、今シーズン、同じエンジンを最低2戦続けて使用することが指示されていた。しかし、ラリー・メキシコのシェイクダウンでセバスチャン・ローブとヤニ・パーソネンがエンジントラブルに見舞われ、ペナルティを受けるのではなく、1万ドルの罰金を支払うこととなった。想定外の事態がおこったことで、ルール自体の緊急な調整が求められていた。

 先週行なわれたワールドカウンシルにおいて、FIA WRCコミッション総裁のジャック・レジが、ルール変更の素案を提出。エンジンに関して、改訂後のルールでは、コミッションが同意をすれば、シェイクダウン後のエンジン交換がペナルティなしで認められる。ラリーは、1基のエンジンを連続使用する2戦毎のペア構成を引き続き続行し、この間のエンジン交換には 1分間のペナルティが与えられる。「ラリー」の定義としては、マシンがプレスタートパルクフェルメに入った時点から始まると見なされる。また、今回の改訂では、2戦の初戦の最終ステージなどで、戦略的リタイアしたクルーに対しての拘束をかけていない。つまり、1戦目にリタイアすれば2戦目に、ペナルティなしで元のエンジンが破損されていることの検査を受けた上で、新しいエンジンを載せることができる。

 一時期、エンジンに関しては、完全には解決していないと見られていた。シトロエンとシュコダのライバル勢は、スチュワード宛にルールの明確化させるようとの嘆願書を提出。WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブがラリー・メキシコのシェイクダウンでエンジンを交換したことで、20秒のペナルティを受ける場合もあると考えられていた。

これで、前戦のローブの件が「問題なし」となったのですね。(^o^)

RallyX News 2005/04/10

■三菱のWRC継続がほぼ決定

 三菱の2005-2006年期のラリー予算が承認され、WRC撤退の恐れはひとまず免れた。

 三菱は慣例的に、モータースポーツ予算の割り当てを、暦年ではなく年度区切りで行なっている。三菱本体の収益悪化のため、交渉難航が予想されていた。今年の収益減は33億ユーロ(約4600億円)と見られている。

「今の段階で、何も制限はないと思う。予算について検討を行い、継続は間違いないと思われる」と広報はコメントした。

 クロスカントリーのプログラムも継続が承認されたが、WRCの予算については、幾分かの削減が予想される。三菱モータースポーツは、すでにイタリアのエントリーをハリ・ロバンペラとジャンルイジ・ガリの2台に減らしている。

喜んでいいニュースなのですが、、パニッツィ、また出られないのですね。。。(T_T)

そして個人的に最も注目しているのはコレ!

RallyX News 2005/04/10

■トヨタ、始動準備態勢に

 今週、トヨタがサポートする南アフリカラリー選手権の「ケープラリー」で、従来のグループNの競合としてスーパー2000マシンが登場。トヨタが、最新のスーパー2000カローラ2台を投入する。

 トヨタ南アフリカのモータースポーツマネジャー、ウィリアム・ハダッドは、同マシン投入の初戦「ツール・ナタル」で、セルジュ・ダムゾーとエヒエン・ルーロンが見舞われた電気系とスロットルのトラブルは、テスト不足による初期トラブルと認識。「ケープラリー」では、改善された走りを期待している。

 スーパー2000では、2WDのベース車両を4WDへ移行することが認められており、フランスのセイデブ社製作の4WDキットを使用することが必要で、エンジンは最大2000ccの自然吸気(NA)でなくてはならない。インプレッサWRXやランサーエボVIIIら、グループNマシンと同等のパフォーマンスを得ることが目標となる。カローラはアルテッツァのエンジンを搭載、前後ともマクファーソンストラットのサスペンションを使用する。

ついに、王者トヨタがラリーフィールドに帰ってくる! まだまだローカルなイベントに過ぎないのですが、それでもそれに合わせたマシンを製作することはニュースです。しかもNやJWRCじゃなくてスーパー2000ですからね! しかも!

 トヨタの動きは、ワールドワイドな展開をほのめかしている。スーパー2000マシンは、グループN勢のライバルを充分しのぐとの声も既に挙がっている。

「ワールドワイドな展開」の可能性もあり、としたら期待が膨らみます。しかも参戦するマシンはワールドカーのカローラですから、順調に進めばもっと大きなシリーズでもその姿が見られるかもしれません。WRカーの製作にまで至る可能性は少ないですが、せめてPCWRCには出てきて、ラリー界を盛り上げてほしいものです。
関連記事

-->
  1. 2005/04/10(日) 21:55:15|
  2. モータースポーツ|
  3. TB:3|
  4. CM:2
<<きょうもお散歩。。。 | ホーム | 足を延ばして、、、>>

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiokazek.blog2.fc2.com/tb.php/704-d65ce75e

ペター、3位獲得。選手権では1位キープ

SUBARUインプレッサWRC2005に乗ったペター・ソルベルグが3位フィニッシュ!いやぁ、スタート順が最初で、コース上の砂の掃き役になったペターでしたが、SS1でいきなりのステージベストをたたき出すなど、なかなか良い成績を残してくれました。しかし、今回私が注目し.
  1. 2005/04/11(月) 05:42:40 |
  2. 疾風のごとく...

WRC Rd.4 ラリー・ニュージーランド LEG3終了時点総合結果速報

ペターはLEG3の各セッションでハードプッシュをせず3位ポディウムフィニッシュを確保した走りとなった。ローブは危なげない走りで優勝を果たした。また、アトキンソンは+36.8秒の7番手タイムで総合7位に入賞し初の選手権ポイントを獲得した。暫定総合結果1位S.ローブ(C)
  1. 2005/04/11(月) 13:06:25 |
  2. にこらすの徒然なるままに・・・

ラリー・ニュージーランド:終了

惜しい…。PCWRCで新井さんがLEG3で怒涛の追い上げを見せて一時首位に返り咲いたものの最終ステージで三菱のポンズに抜き返されてしまいました。LEG2で大幅に遅れたので優勝は絶望かと思ったんですが、凄いですね。最後に抜かれてしまったのは残念ですがいいですね新井さん今
  1. 2005/04/11(月) 13:48:57 |
  2. BLUE_SKY_BLOG

コメント

スーパー2000

なんとなくですがスーパー2000は次のWRCを担うカテゴリーだと思っています。現時点ではメーカーの反対にあってお蔵入りしましたけど、PSAが去ったあと新規参入組みを考えればスーパー2000が良いのは明らかかなと思います。

スバルもレガシィ2.0Rの素晴らしいエンジンがありますからね、インプレッサ2.0Rを是非だして同じカテゴリーに投入して欲しいものです。
  1. 2005/04/11(月) 13:51:14 |
  2. URL |
  3. blue_rex #w4BLXsbw
  4. [ 編集]

どうにかしなければいけないのですが、、

>blue_rex様

こんばんは。(^^)/

WRカーが誕生してまだ10年とたちませんが、早くも新規参入が難しい状況になりましたね。(TT)
しかし、スーパー2000に関しては賛意を表明したのがフォードだけ、
あとはスズキがどうか、という感じでしたねぇ。
ドライバーからの評価もすこぶる低いものでしたし、、
ま、ドライバー側からの評価はグループAのときもそんな感じでしたが。

個人的には、スーパー2000は何ともいえないです。^^;;
むしろ、実施されればスバルが間違いなく撤退しそうなので、反対といったほうがいいかも。

水平対抗のNAエンジンは車体(車幅)によるレイアウトの制約から避けて通れません。
おそらくショートストロークで高回転型のエンジンにならざるをえない。
ラリーでは高回転志向のエンジンは扱いにくそうだし、
ラフイベントでの耐久性も疑問です。

ある程度高回転型のエンジンになるのは、どどんなレイアウトでも同じでしょうが、
水平対抗エンジンは「削られる部分」がより多いように感じられます。

それより恐ろしいのは、レギュレーションでエアリストリクターなどをかまされて、
エンジンの回転数を制限されたら、、、ハンディが大きすぎますよ。。
エアリストリクターならまだしも、レブリミッターの使用が義務づけられたらおしまいです。

現在の技術でどこまで克服できるか、これもまた楽しみではありますが、、、
  1. 2005/04/11(月) 20:15:10 |
  2. URL |
  3. 潮風@仕事中(泣) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

About Me

潮風(Shiokaze)

Special

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)



ソニーストア

Calender


フィードメーター - Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)  

My HPs

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from shiokaze_k. Make your own badge here.

Kagoshima is...

Click for Kagoshima, Japan Forecast
Click for Kagoshima, Japan Forecast

Recent Entries

Categories

Archives

BlogPeople

Livedoor BlogRoll

Pentax People on Twitter

TB People

Links

◎このブログをリンクに追加する

Search


Banners

Photoblogs.org
View My Profile

あわせて読みたい

I heart FeedBurner

無料blog

正当なCSSです!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。