Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)

つれづれ書いていきたいと思います。(^^ゞ

shiokaze_k. Get yours at bighugelabs.com/flickr

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. TB(-)|
  4. CM(-)

「その他大勢」に埋没か?

F1はテスト、テストで来季に向けて突っ走っています。この段階で早くも「フェラーリ優勢」というような雰囲気が漂ってきているのは、ここ数年の流れからしても当然のこと。これはしようがない。

しかし、マクラーレン、ルノーがなかなかやってくれそうな感じ。「失敗作疑惑」が出ているウィリアムズは少々心配ではありますが、それ以上に「何やってんだ」チームが出そうな気配です。(*_*)

まずはザウバー。これは相当に深刻です。

F1 エクスプレス 2005/2/6

ザウバー、新車作り直しか 風洞データと食い違い
首脳陣も緊急事態認める


 ザウバーが新車「C24」の設計をやり直す可能性のあることが6日、明らかになった。1月にシェークダウンされたばかりの「C24」だが、チームは04年に落成した新風洞実験施設を使って設計を行ったものの、スペイン・バルセロナ、バレンシアの2カ所で実走テストを行ったところ、バレンシアで“違和感”程度だったマシンの不審な挙動は、空力の影響が極端に出るバルセロナで一気に表面化。風洞のデータと大幅に食い違っているところがあり、エアロ・パーツで空力の修正ができない場合、モノコック自体を作り直す方針のようで、P・ザウバー代表やW・ランプ・テクニカル・ディレクター(TD)も緊急事態であることを認めている。

一級品の設備を持っていても、そこから得られたデータを精査するのは人間。自慢の風洞を生かし切れないようでは、、、

最近売却されたばかりのジョーダンも、ザウバーとは違った「ヒューマンエラー」に襲われています。
F1 エクスプレス 2005/2/6

新生ジョーダン、人材不足が深刻化 スミスTDら主要スタッフ離脱
04年型マシン流用は必至


 ジョーダンが人材不足という深刻な問題を抱えている。ミッドランド・グループによって買収されて財政難からは脱したものの、新しい経営陣から次々と旧チーム・メンバーに対して解雇が言い渡された結果、体制が薄っぺらいものになってしまったもの。チーム創設者のE・ジョーダン前代表はすべての荷物をオフィスから出されてしまい、チーフ・メカニックのA・スティーブンソンらマシンを動かすノウハウを持っていた主要メカニックも離脱。T・カーリン・スポーティング・ディレクター(SD)がもともと指揮していた英国F3のカーリン・モータースポーツの面々をF1オペレーションに随時配置していく方針だったとみられるが、青写真通りには行かなかったようだ。

開発スタッフを失ったため、04年のマシンを05年のレギュレーションに合わせたマシンで乗り切るしか手はない、とか。ドライバーも新人2人と不安の残るラインアップだし、同じ新チームのレッドブルとは相当な差がつきそうです。ま、1年ガマンすれば、ダラーラとタッグを組んで開発したシャシーもできますからねぇ。。。

問題はB・A・Rですよ。何やってんだか。。。

F1 エクスプレス 2005/2/5

BAR苦悩、2レース分走れない! 問題は山積~帝王が貫禄のトップ・タイム

 スペイン・バレンシアの合同テストは4日、フェラーリ、BAR、ウィリアムズ、トヨタの4チーム/11台が参加して4日目を行い、J・バトン(BAR)が新車「007」を駆って110周をこなし、2番手につけた。しかし、陣営に流れるのは嫌なムード。新車を1月中旬に投入したものの、開幕まで4週間となったこの時点でいまだに今シーズンから求められる2GP分の1300kmを走り切れていないのだ。

またHONDAかよ。orz

今季のB・A・Rには、90-91年のティレルのイメージがダブって見えます。F1の世界で2年続けて好調を維持するのはたいへん難しいことですが、それができなければトップチームとはいえません。

 問題となっているのはホンダ・エンジン。パワーが出る高い回転域を維持しながら2GP分の耐久性を求める高い目標設定が災いし、この日のE・ベルノルディで新車となって5基目とブローが続いている。問題となっている個所は分かっており、現在対策パーツの開発を急いでいる段階だが、空力パーツの仕上がりも今一歩。そのエンジンの対策パーツは来週からのスペイン・ヘレス合同テストに間に合うかどうか、空力パーツに関しては再来週のバレンシア合同テストからと、出揃うのはまさに開幕間近。さらに新車に組み込まれている新しいギア・ボックスが、あまりに速いシフト・ダウン&アップをすることで「無段階変速機(CVT)」疑惑をかけられているともいわれている。CVTはかつてウィリアムズが開発、投入してすぐに禁止されたもの。跳ね馬陣営からのクレームと見られているが、果たしてどうなるのか。状況は厳しさを増すばかりだ。

乱暴にもこの記事だけで判断してしまうと、現段階のB・A・R007は「遅い」「壊れる」「走らない」と三重苦を背負ったマシンのようで、、、あと4週間ですよ、開幕まで。。(T_T)
関連記事

-->
  1. 2005/02/07(月) 21:29:45|
  2. モータースポーツ|
  3. TB:0|
  4. CM:0
<<テキストばっかりのエントリが続いたので。 | ホーム | メールソフトを久しぶりに変えました。>>

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiokazek.blog2.fc2.com/tb.php/639-702f2516

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

About Me

潮風(Shiokaze)

Special

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)



ソニーストア

Calender


フィードメーター - Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)  

My HPs

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from shiokaze_k. Make your own badge here.

Kagoshima is...

Click for Kagoshima, Japan Forecast
Click for Kagoshima, Japan Forecast

Recent Entries

Categories

Archives

BlogPeople

Livedoor BlogRoll

Pentax People on Twitter

TB People

Links

◎このブログをリンクに追加する

Search


Banners

Photoblogs.org
View My Profile

あわせて読みたい

I heart FeedBurner

無料blog

正当なCSSです!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。