Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)

つれづれ書いていきたいと思います。(^^ゞ

shiokaze_k. Get yours at bighugelabs.com/flickr

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. TB(-)|
  4. CM(-)

ホンダに同情などしない!

なんて過激な感じもしますが、正直な気持ちです。あらためて、12月5日に世界を駆け巡ったニュースから、少しだけ思うところをば。ただし、F1を追い掛けなくなってだいぶ時間がたったのですけどね、、、「言う資格が云々」などと言われると辛いところもあります。m(__)m

AUTOSPORT WEB 2008/12/5

ホンダ、F1からの撤退を正式発表
 本田技研は5日、東京・青山の本社で緊急記者会見を行い、福井威夫社長から正式に2008年でのF1撤退を発表した。撤退の理由としては、金融危機と各国経済の急速な悪化から、経営効率の再配分が必要、としている。

金融危機やら販売台数の不振やら、経営面でのマイナス面も大きくクローアップされていますが、これはここでは触れません。年間500億円もかけて成績が出ないのでは、撤退も時間の問題だったとも言えるでしょう。

12月のこの時期に撤退を表明した前例といえば、あたしは2005年にWRCから撤退したミツビシのことが思い浮かびます。このときも「モータースポーツ界から信頼を失った」と感じましたが、今回のホンダもまさに同じ印象です。むしろ、ミツビシの件よりも悪質じゃないでしょうか。

モータースポーツジャーナリストの川喜田研氏のコラムに、あたしも共感できる部分があります。

ホンダ撤退に思ふ(1)…当然と理解しつつも「強い怒り」 F1放浪記
ホンダ撤退に思ふ(2)…レース界への身勝手な裏切りだ F1放浪記
ホンダ撤退に思ふ(最終回)…失敗に学ぶ「スピリット」はあるか? F1放浪記

特に(2)の冒頭にある下り。言われて明確に、そのときの「怒り」を思い出しました。

ホンダが自分の勝手な都合だけで、しかも、突然にすべてを投げ出すのはコレが初めてではない。実を言えば「第3期F1活動」のスタートで、既にホンダは今回とまったく同じようなことをしているのだ。

ホンダの「第3期」はBARへのエンジン供給で本格的にスタートしているんですが、本来は現在と同じようなシャシー+エンジンをともに開発する「第1期」のような自社チーム設立を目指していたんですね。そのために結成したのが旧ティレルのスタッフを中心に活動していたHRD(ホンダ・レーシング・デベロップメント)。それをいきなり切ってるんですね。

ホンダ本社の日本人スタッフがサーキットを離れた後で、チームマネジャーから突然、チームの解散を告げられ、憤るイギリス人エンジニアやメカニックたち。だが、ホンダの人間に直接文句を言おうにも、彼らはすでに「逃亡」してソコにはいない…。

このときから(1999年春)、すでにホンダの言う「レーシングスピリット」なんてないも同然です。
「アースドリーム」とかいう訳の分からないスポンサーシップのやり方も足を引っ張ったような気もします。あたしにとっては「???」だらけのホンダ第3期のF1参戦でした。結果的にホンダを応援していたのは、WRCのスバルを常勝チーム(当時)に育てたデビット・リチャーズと、日本人の佐藤琢磨がいたときだけですね。。

ホンダの最大の失敗はやっぱりホンダ・レーシングF1チーム(HRF1)の最高経営責任者(CEO)にニック・フライという「無能」な人物を据え続けていたこと。今季もメーカー系チームでは最下位、そういえばスーパーアグリ遅れをとっていたシーズンもありましたね。そんな彼に関してはいろいろときな臭い話が続々出てきています。

F1キンダーガーテン : ホンダ撤退の影響《その2》 誰が買うのか

ホンダの関係者の中には、今シーズン中に、ロス・ブロウンとニック・フライが、妙に仲がよく、コソコソと話している場面を見るにつけ、不信感を募らせたムキもいたという。

ニック・フライとホンダF1撤退 【 F1-Gate.com 】

ニック・フライがホンダF1撤退を予測していたとは思わないが、ここ2年間、ホンダは最下位争いをするほど成績が低迷していたにも関わらず、英国ではフルサイズ風洞や最新のドライビングシミュレーターなど、F1でも最高レベルといえる設備を整えてきた。

彼はまた、フェラーリで一時代を築き上げた名将ロス・ブロウンを招くことに成功し、ロス・ブロウンの人徳のもと、ロイック・ビゴワなどの優秀な人材を確保している。

またホンダは2008年シーズンを捨ててまで2009年マシンの開発を進めており、ロス・ブロウンいわく「トップ4に入れる」レベルのマシンを既に開発している。そして、ホンダエンジンを失ったとしても、ロスの人脈により、フェラーリエンジンを獲得する可能性が高い。

ドライバーは、いまだ評価の高いジェンソン・バトンを保有しており、またセナというビッグネームを持つブルーノ・セナもほぼ確保している。

ニック・フライの裏には、すでにプロドライブを率いるデビッド・リチャーズ、そして、スーパーアグリを買収する予定であった元同僚マーティン・リーチ率いるマグマ・グループ、そのマグマ・グループに投資する予定で土壇場になった手を引いたドバイ・インターナショナル・キャピタルが控えているという。

もし、このままチームの運営資金をそっくり提供してくれる投資家が見つかれば、ニック・フライは、これらの優れたチームをわずか1ドルたらずの低価格で手に入れる可能性があるのだ。

真実とすれば、怒りを通り越してなんと言えばいいのか。

英国のHonda Racing F1 Teamはどうか。どうしてもレース屋ではなく、ビジネスを念頭に置いた政治を楽しむ“政治家”にしか見えなかった。レース屋としての緊張感が感じられなかった。いや、Honda Racing F1 Teamのスタッフは懸命に努力をしていたかもしれない。しかし、上層部、というかニック・フライの振る舞いにそれを感じることができなかった。

F1world - Jun Imamiiya Formula Web | News Eye

4日時点で英国ばかりかヨーロッパに撤退情報がどんどん“リーク”していったのとは全然次元が違う。こうした重大判断があちらからもれて、それが本社のある日本に伝わるとは、レーシングチーム企業としてのコンプライアンスはいかがなものか。

(中略)

現N・フライCEO体制になって特に、現場にいておかしな行動、言動が目に付き始めるようになった。まるで彼の“ワンマンチーム”のように感じられ、佐藤琢磨の扱い、さらにはアグリ・チーム問題に関して何か政治的な意図があるような態度をとり続けた(これはヨーロッパ・プレスの間でも指摘されたこと)。
「日本側から責任者は来ていない。ドンドン要求を出してリソースを整える。立派な最新風洞を建設、大物エンジニアも引き抜く。でもレースはそこそこ戦ってリスクはとらない。やがて本社は結果が悪化したのを受け、手を引く。そこで残務整理で“権利”を主張。ただ同然でそのまま頂く。誰かと組んでトップレベルのファクトリー施設をもとに、エンジンを探す準備期間が(開幕まで3ヶ月くらい)あれば、念願のチームオーナーだ・・・・」
 海外プレスの間でささやかれていたある“シナリオ”、あまりにそのとおりになっている。

ニック・フライが悪さをしていたとしても、結局それは「ホンダの所行」と同じこと。2005年のミツビシに続き、日本がまたモータースポーツ界から信頼を失うようなことが起こってしまったことは、残念としかいいようがありません。しかもこの信頼は、F1ではホンダ自身が第1-2期の間にコツコツと積み重ねてきたものであることはいうまでもありません。

新たに「元ホンダ」を買ってF1に参戦しようとしている人物が、ニック・フライを真っ先に切ってくれることを願ってやみません。
関連記事

-->
  1. 2008/12/10(水) 23:56:41|
  2. モータースポーツ|
  3. TB:0|
  4. CM:0
<<「ホンモノ」が今年は流れない。。(*_*) | ホーム | Advanced/W-ZERO3[es]、とりあえずこんな感じ。>>

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiokazek.blog2.fc2.com/tb.php/1457-465ec05a

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

About Me

潮風(Shiokaze)

Special

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)



ソニーストア

Calender


フィードメーター - Not Deep,But Spread-talk about... (Blog Issue)  

My HPs

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from shiokaze_k. Make your own badge here.

Kagoshima is...

Click for Kagoshima, Japan Forecast
Click for Kagoshima, Japan Forecast

Recent Entries

Categories

Archives

BlogPeople

Livedoor BlogRoll

Pentax People on Twitter

TB People

Links

◎このブログをリンクに追加する

Search


Banners

Photoblogs.org
View My Profile

あわせて読みたい

I heart FeedBurner

無料blog

正当なCSSです!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。